友罪

少年犯罪をテーマに製作された「友罪」は、少年時代に犯罪を起こしてしまった犯人の心理や少年院を出た後の生活が緻密に表現されています。そんな「友罪」という映画の主役や見どころはどんな部分がいえるのでしょうか。

今回は、映画「友罪」について、詳しい内容を紹介していきます。

あらすじ

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

https://filmarks.com/movies/75530

主役や他のキャストについて

映画「友罪」の主役は、益田純一役の「生田斗真」さんです。演技力に定評があり、数多くの映画作品に出演されています。今回の映画でも、迫力ある演技で自分の罪と向き合う役柄を演じられているのが特徴です。

他のキャストでは、鈴木秀人/青柳健太郎役に「瑛太」さんが選ばれています。重大な過去を背負った青年で、罪の意識と向き合う難しさが表現されている役柄となっているのが特徴です。

鈴木秀人と出会う女性、藤沢美代子役には、「夏帆」さんが選ばれています。彼女も重大な過去が隠されており、ストーリーに大きな変化を与えていくのです。

息子が自動車事故を引き起こし、自分にも責任があると責め続けている男性、山内修司役には「佐藤浩市」さんが選ばれています。自分が罪を起こした訳ではありませんが、息子の代わりに自分が罪を償う姿が印象的です。

益田純一・・・生田斗真
鈴木秀人/青柳健太郎・・・瑛太
藤沢美代子・・・夏帆
山内修司・・・佐藤浩市

見どころ

元記者の経歴を持つ益田純一が、試用期間中に向上で出会った鈴木秀人と友達になり、そこから過去を追うごとに知っていく、鈴木秀人の罪について自らの罪と重ねていくことが本作で語られていきます。

本作「友罪」の見どころは、それぞれの罪をどう背負っていくのか、俳優陣の演技力に注目です。迫真の演技で罪の深さを表現していくので、考えさせられる部分が多いでしょう。

また犯罪を起こしてしまった人の人生は、世間からの冷たい視線が送られることから、普通の人生を送ることができないことを本作で理解することができます。

なぜ少年犯罪を起こしてしまったのか、犯罪者視線で語られる作品となっているので、内容については賛否両論あるでしょう。

主題歌のタイトルや歌手は?

本作「友罪」では主題歌はなく、音楽を担当しているのは「半野喜弘」さんです。歌手で作曲家である「半野喜弘」さんは、海外メディアからも称賛されるほど、評価の高い音楽を製作されています。

「友罪」でも切なく儚げな音楽を劇中で聞くことができ、罪について考えさせられるような場面が演出されているのが特徴です。

重厚感のある音楽で、「友罪」にマッチした音楽を映画鑑賞と共に試聴することができるので、音楽にも注目してみてください。

ロケ地はどこ?

映画「友罪」の撮影は、様々な場所で行われており、ロケ地も複数確認されています。茨城県や群馬県、埼玉県などがロケ地として使用されているようです。具体的に、どのような場所がロケ地として使用されていたのか、紹介していきます。

・幡ヶ谷歩道橋

埼玉県川口市にある埼玉高速鉄道幡ヶ谷駅から徒歩数分の場所に位置している「幡ヶ谷歩道橋」で、「友罪」の撮影が行われていました。生田斗真さんと瑛太さんの目撃情報があったので、何度かロケ地として使用していたようです。

・桐生厚生総合病院

群馬県桐生市にある「桐生厚生総合病院」も、「友罪」のロケ地として使用されていました。生田斗真さんと瑛太さんの目撃情報があるので、病院での撮影シーンでロケ地として活用されていたことが予想されます。

・高萩市立高萩中学校

茨城県高萩市にある「高萩市立高萩中学校」も、「友罪」のロケ地として使用されました。生田斗真さんと瑛太さんの目撃情報があるので、ストーリーに関わる撮影シーンでロケ地として活用されたのでしょう。

原作はあるの?

映画「友罪」には、原作があります。「薬丸岳」の作品である「友罪」を映画化したのが、生田斗真さん主演の「友罪」です。「薬丸岳」の作品は、他にも「天使のナイフ」や「悪党」などがドラマ化されており、どれも人の闇の部分が描かれていることが多い作品となっています。

原作は実際にあった事件である「神戸連続児童殺傷事件」をモデルに書かれた作品です。ただ映画の内容は似ている物ではなく、全くの別物となっているので、あくまでも参考した程度と言われています。

出演者の演技レベルや衣装について

映画「友罪」は、殺人事件など人の闇の部分にフォーカスした作品となっているため、俳優陣の演技力が試される内容となっています。実際に、生田斗真さんの苦悩するシーンや瑛太さんの心理描写は緻密に表現されており、圧巻の演技力で魅力的なシーンとなっているのが特徴です。

また夏帆さんは、体当たり演技にチャンレジンしており、迫真の演技で本作に臨まれています。リアルな人間模様を豪華俳優陣で表現されているので、満足できる映画となっているでしょう。

ラストや映画全体の考察・解釈

ラストは、益田純一が友達になった鈴木秀人を裏切るような形になり、鈴木秀人は試用期間中であった向上を後にすることになりました。しかし、二人は自分の罪を背負うことを決め、どのようにしてこれからの人生を送ればいいのか、考えて前に進むことが出来ています。

犯した罪は消せることができず、一生背負うことになることを本作で感じることができ、被害者と加害者のどちらの人生も悲惨であることが本作で表現されているのが特徴です。

息子が事故を引き起こすことで、殺人犯の親として責め立てられている山内修司は、子供を誤って轢いてしまった息子が結婚し、子供が生まれることを了承することができず、息子との軋轢が生まれたままで終わってしまいます。

お互いがお互いの存在を忘れることで、気持ちの整理をつかせるというラストになっていますが、家族であることから、いつかお互いのことを認め合える日が来ることも示唆されているような結末です。

子供が事故を起こしたことで、責任が問われ続ける親は、一生苦悩する日々になってしまいますが、いずれは前に進むことができるのか、考えさせられるラストになっています。

監督は誰で、他にどんな作品を作っているか

映画「友罪」の監督は、「瀬々敬久」さんです。多くの映画作品を手掛けており、ピンク大賞を受賞しており、ピンク四天王とも呼ばれていました。

他にもテレビのドキュメンタリー番組を手掛けたりと、人の心理を扱う作品の製作に長けている監督です。本作でも、犯罪を起こしてしまった少年の人生や息子が事故を起こしたことで、苦悩する親の心理描写など、緻密な表現が行われています。

終わった後にも、考えさせられるようなラストを手掛けることにも長けており、全体的に大人向けの作品となっていることが多いでしょう。ただ「友罪」に関しては、年齢制限などがなく、全年齢対象となっています。

まとめ

少年犯罪や息子が事故を起こしたことで、罪の意識に苛まれる親について緻密な表現で製作されている「友罪」は、罪の大小に関係なく、一度犯した罪はどのように償えばいいのか、考えさせられる映画作品となっています。

社会の闇の部分や誰でも感じてしまう罪悪感などを、本作を通じて体験することが可能です。それ以外にも、男同士の友情や再起を図る熱意についても、本作「友罪」で感じることができるので、感動できる部分もあります。

見た後は、放心状態になるほど、夢中になって見てしまう作品になっているので、一度ご覧になってみてください。