忍びの国

日本の伝統的な存在である忍びをテーマに製作された「忍びの国」は、伊賀の忍びを面白おかしく表現した作品で、今までにない忍びの映画となっています。戦闘シーンや人間の成長を描いた映画になっているので、どんな方でも楽しめる作品です。

今回は、忍びの国とはどのような映画なのか、主役や見どころについて紹介していきます。

主役や他のキャストについて

映画「忍びの国」の主役は、無門役の「大野智」さんです。嵐のリーダーで、シリアスな役からとぼけた役など、幅広い役を演じることができます。今回の無門では、「大野智」さんらしさを出してほしいと監督に言われ、役柄ではない「大野智」さんを見ることができるでしょう。

他のキャストとしては、お国役に「石原さとみ」さんが選ばれています。無門の妻役で、お姫様のような姿をしているのが特徴です。鬼嫁という呼び方が相応しいような傍若無人な性格をしています。

同じく伊賀忍として、下山平兵衛役に「鈴木亮平」さんが選ばれました。真面目で熱い男として表現され、最終的には伊賀を裏切る存在として描かれています。

織田側の家臣としては、日置大膳役に「伊勢谷友介」さんが選ばれました。強者としての役柄で、「忍びの国」では無門と激しい戦いを繰り広げています。

他にも魅力的な俳優陣で構成されているので、面白い映画となっているのが特徴です。

あらすじや見どころ

映画「忍びの国」は、伊賀の忍びと織田側の争いを描いた映画となっており、無門は最強の伊賀の忍びとして活躍しています。徐々に戦うことで、無門の心境に変化が現れ、成長していくというのが「忍びの国」のあらすじです。

本作の見どころは、無門役の「大野智」さんの殺陣や豪華俳優陣による戦国時代の殺伐として雰囲気が演出されているところになります。伊賀の里が潤うために、どのように画策すれば儲かるかなど、お金にまつわるストーリーも多く、戦国時代の汚い部分が見え隠れするようなストーリー展開となっているのが特徴です。

無門もお金に汚い一面を持っていましたが、お金だけでなく、自分の信念を貫く人間を見るうちに徐々に成長していく姿も見どころの一つといえるでしょう。

主題歌のタイトルや歌手は?

映画「忍びの国」の主題歌を担当しているのは、「嵐」です。無門役の「大野智」さんが嵐に所属しているので、主題歌を起用するに至ったと思われます。主題歌になっているのは「つなぐ」という楽曲です。

戦国時代の疾走感と三味線の小気味いいサウンドが特徴的な楽曲となっているので、聞いているだけで楽しい気持ちさせてくれるでしょう。ただテンポ自体は、ゆっくりした曲調になっているので、誰でも聞きやすい曲になっています。

映画「忍びの国」にマッチした楽曲になっているので、戦国時代の忍者という存在を楽しむと共に、音楽にも耳を傾けてみてください。

ロケ地はどこ?

映画「忍びの国」は、戦国時代をテーマに撮影が行われているため、時代を感じさせないようなロケ地での撮影が行われています。どのようなロケ地が撮影場所になっているのか、詳しい内容を紹介していきましょう。

・つくばのワープステーション江戸

茨城県にあるつくばのワープステーション江戸では、時代劇を彷彿とさせる雰囲気が演出されているため、「忍びの国」のロケ地として活用されました。

タイムスリップしたような建物が用意されているので、今回の撮影に利用されたのでしょう。

・宝篋山

茨城県のつくば市にある宝篋山では、「大野智」さんと「石原さとみ」さんの目撃情報がありました。「忍びの国」の撮影は、山で行われることがあったので、重要なシーンの撮影に利用されたことが予想されます。

・飯高寺

千葉県の八日市場にある飯高寺でも、「大野智」さんと「石原さとみ」さんの目撃情報がありました。「忍びの国」の雰囲気に合ったロケ地となっているので、興味がある方は足を運んでみてください。

原作はあるの?

映画「忍びの国」には原作があります。原作は「和田竜」さんが書いた小説が基です。基本的な部分は一緒で、伊賀と織田家との戦いが描かれていますが、微妙な違いがあります。

映画には、織田信長は登場せずに、名前だけが出てくるのが特徴です。しかし、原作では織田信長はしっかり登場しています。

他にも「忍びの国」は、漫画にもなっているので、日頃から小説を読む習慣がないという方は、漫画から入ると楽しいかもしれません。

映画「忍びの国」で興味を持った方は、小説や漫画を読んでみて、原作との違いがどこにあるのか確かめてみてください。

出演者の演技レベルや衣装について

映画「忍びの国」は、戦国時代をテーマにしている作品であるため、アクションが多めの作品となっています。そのため、無門役の「大野智」さんは、圧巻の立ち振る舞いで伊賀最強の忍びを演じているのが特徴です。

演技については、素の「大野智」を出してほしいという監督の要望により、役作りはほとんどなかったと言われています。それでも、自然体の無門がいい味を出していたので、最強の忍びと呼ばれる姿とのギャップを体感することができるでしょう。

衣装についても、戦国時代であるため、現代の衣服とは全く異なる雰囲気が演出されています。「忍びの国」のために衣装が製作され、戦国時代というテーマに合った衣装で撮影が行われているのが魅力です。

「忍びの国」の衣装展が開催されたこともあるので、興味がある方は衣装についても注目してみてください。

ラストや映画全体の考察・解釈

映画「忍びの国」のラストでは、無門が下山平兵衛との戦いに勝つものの、自分の信念を貫く下山平兵衛の姿勢とお金に執着する自分と比べ、疑問を抱きます。

その後、伊賀の里に出向き、お金のために織田家との争いを始めた伊賀の評定衆を襲い、訣別する道を選択しました。結果、お国が毒矢を受けてしまい、亡くなってしまいます。

そんな伊賀の里を後にした無門でしたが、後に織田信長が伊賀を脅威とみなし、圧倒的な武力で伊賀の里に攻め入りました。無門はお国が気にしていたねずみという孤児と、一緒に抜け出すといった結末で映画は終了です。

最愛の妻を亡くしてしまいましたが、お金だけが全てではないと、無門の成長を本作で感じることができ、最終的には孤児を引き取ることで、自分の存在価値を見出しています。

伊賀の里は、お金に目がくらんだ結果、織田家に滅ぼされる結末ですが、今までしてきたことを考えると、自業自得といえるでしょう。

監督は誰で、他にどんな作品を作っているか

映画「忍びの国」の監督は、「中村義洋」さんです。「ほんとにあった! 呪いのビデオ」シリーズや「映画怪物くん」などが代表作となっています。

コミカルな話から、ホラー要素があるドラマや映画まで、幅広い作品を製作されている監督なので、一つの映画で色々な楽しみ方が出来る作品となっているのが特徴です。

今後も期待できる映画が製作されることが予想されるので、楽しみな監督といえるでしょう。

まとめ

映画「忍びの国」は、嵐の「大野智」さんの殺陣や戦国時代の雰囲気を楽しむことができる作品となっています。主人公の成長や、人生はお金のためだけに行動するのではないということを理解させてくれる映画になっているのが魅力です。

アクションシーンだけでなく、人間ドラマを感じさせる映画となっているので、アクションや戦国時代のストーリーが好きな方にはおすすめの映画になっています。